フィギュアを預け入れるならminikuraと魂ガレージどっち?

フィギュアをコレクションしている人にとって保管場所は最大の悩みですよね。

そこでフィギュアを専門で預かっている魂ガレージとminikura(ミニクラ)を比べてみました。

フィギュアが自宅にたまっている人や家族にバレたくない人にはおすすめですよ。

 

【結論】フィギュアを長期間預けるならminikura(ミニクラ)がおすすめ

minikura(ミニクラ)と魂ガレージを比較したものがこちらの表になります。

プラン名minikura魂ガレージ
初期費用無料 無料
月額料金1箱300円1箱306円
取り出し料金(1箱)1000円866円
取り出し料金(1アイテム)800円815円
預けられる点数制限なし
(1箱20㎏まで)
30点まで
(1箱20㎏まで)
利用方法ネットで完結ネットで完結
対応地域全国対応全国対応
写真撮影サービス30点まで30点まで
その他のサービスヤフオク出品

衣類のクリーニング

書類の処分(文書溶解)

なし

※minikuraはMONOの料金

※魂ガレージはスタンダードコース

結論を先に言うと、長期間預ける・フィギュアを処分したいならminikuraで、短期間だけ預けるなら魂ガレージです。

minikura公式サイトはこちら

minikura(ミニクラ)と魂ガレージの料金を比較

ではまずは各自の料金から見ていきましょう。

 

minikura(ミニクラ)の料金

minikura MONOの料金

MONOの月額保管料は300円

取り出し料金は、箱ごとだと1000円・アイテムごとだと800円

minikuraに預けてから一年経過で箱の取り出し料金は無料

長期的に預けたい場合に優秀

 

minikuraには全部で5つのプランがありますが、フィギュアを預けるならMONOが最適です。

minikuraのプランの主な特徴

・HAKO(250円/1箱)

写真撮影サービスがない、値段が一番安い

・MONO(300円/1箱)

30点までの写真撮影サービスあり

・Closet(500円/1箱)

衣類専用プラン、衣類をハンガーにかけて保管できる

・Library(450円/1箱)

本や書類など紙類専用のプラン、写真撮影枚数が無制限

・クリーニングパック(11000円/1箱)

全ての衣類をクリーニングできる、畳んで保管かハンガーに吊るして保管か選べる

料金としてはHAKOが250円と一番安いですが、写真撮影のサービスがありません。

つまりマイページでお気に入りのフィギュアを閲覧できないということです。

ただ預けるだけで良いという人はHAKOの方が良いでしょう。

 

そして取り出し料金ですがMONOには箱ごと、アイテムだけの引き出しの2種類があります。

箱ごとの場合は1箱に付き1000円かかりますが、預けてから1年経つと無料です。

そのためあまり引き出す予定のないフィギュアの保管に向いています。

アイテムごとの引き出しはどれだけ預けても無料になることはなく800円です。

ちなみにMONOは1箱に無制限に入れられますが、30点を越えると写真撮影をしてくれないので気をつけてください。

 

魂ガレージの料金

魂ガレージ スタンダードコースの料金

月額保管料は306円

取り出し料金は、箱ごとだと866円・アイテムごとだと815円

魂ガレージに預けてから1年4か月経過で箱の取り出し料金は無料

短期的にフィギュアを預けたい時に優秀

 

魂ガレージにはスタンダードコースの他にデラックスコースというものがあります。

項目スタンダードデラックス
月間保管料金(1箱)306円612円
取り出し料金(1箱)866円1222円
取り出し料金(1アイテム)815円815円
預けられる商品点数30点まで60点まで
寄託価額(保証金)最大1万円最大10万円

デラックスコースは基本的にスタンダードコースの料金も預けられる量も2倍となっています。

唯一の違いは寄託価額ですが、これは保管中に万が一何かあった時に補償してくれる料金です。

そのため保証を多くつけたい人やフィギュアが大量にある場合は、デラックスコースの方が良いでしょう。

 

ただ基本的にはスタンダードコースで十分です。

そんな魂ガレージのスタンダードコースは微妙にminikuraより値段が高くなっています。

唯一minikuraより安いのは、箱ごとの引き出しにかかる値段ですが1年経つと無料です。

これを考慮すると短期的な預かりのみ魂ガレージは優れています。

ちなみにminikuraの寄託価額の上限も一万円なのでその点も変わりません。

 

minikura(ミニクラ)と魂ガレージのサービス内容を比較

各サービスの優れている面

minikuraは預けたフィギュアをヤフオク出品できる

魂ガレージはminikuraより少し段ボールが大きく詰めやすい

minikurraと魂ガレージのサービス内容はほとんど同じです。

  • 初期費用無料
  • 全国対応
  • 写真撮影
  • ネットでの手続き

この4つに関しては同じですが、段ボールのサイズに関しては少しだけ違います。

minikuraが幅38cm×高さ38cm×奥行38cmに対して、魂ガレージは幅58cm×高さ40cm×奥行22cmです。

また魂ガレージの場合フィギュア用の段ボールサイズなので入れやすくなっています。

そのため段ボールに関しては魂ガレージの方が優秀です。

 

一方minikuraには預けたフィギュアをヤフオク出品できます。

実はminikuraではヤフオクと提携していて、預けた物を簡単にヤフオクに売りに出せるのです。

増えすぎた・処分したいフィギュアがある場合はminikuraに預けると売ることもできます。

手続きもとてもシンプルで、発送や梱包に関してはminikuraがしてくれて送料も800円です。

通常と比べると手間が激減するため、ヤフオクがよく分からない人でも利用しやすいでしょう。

以上minikuraと魂ガレージは基本同じですが微妙に違うところもあります。

minikura公式サイトはこちら

minikura(ミニクラ)と魂ガレージの保管環境を比較

両サービスともかなり類似しているため不思議ですよね。

実は両方とも寺田倉庫というトランクルーム業界では最大手の会社が運営・管理しています。

そのためどちらに預けても保管状態は変わりません。

しかも寺田倉庫は1950年から、ワインや絵画などの高級品の管理をしているためかなりノウハウがあります。

そのノウハウをminikuraや魂ガレージで生かしているので、フィギュアを保管する能力はかなり高いです。

ということでminikuraも魂ガレージもフィギュアの保管環境は変わらないので安心ですよ。

 

【まとめ】フィギュアを預けるなら基本的にminikuraがおすすめ!

minikura、魂ガレージはそれぞれこんな人に向いています。

minikuraはこんな人におすすめ

フィギュアを長期保管したい

不要なフィギュアを売って処分したい

フィギュア以外も預けたい

 

minikuraはヤフオクと提携しているため、通常より少ない手間でヤフオク出品できます。

魂ガレージはこんな人におすすめ

短期間フィギュアを預けたい

minikuraも魂ガレージも保管料金などほとんど変わらず、全体的に少しminikuraが安いです。

唯一、取り出し料金については魂ガレージが150円ほど安いですが、minikuraでは預けて一年経つと取り出し料金が無料になります。

そのため短期預け入れなら魂ガレージ、長期預け入れならminikuraというわけです。

 

ただminikuraはヤフオク出品などのサービスが優れているため、総合的に見るとminikuraをおすすめいたします。

フィギュア好きなら保管場所や家族にバレないことの二点が最大の悩みでしょう。

その悩みminikuraに預けて心も部屋もスッキリさせてみませんか?

minikura公式サイトはこちら

コメント