minikura(ミニクラ)の集荷や送料について完全把握!

minikura(ミニクラ)は専用の段ボールを取り寄せて物を詰めて送り返すだけのサービスです。

しかし集荷や送料はどうなっているのでしょうか?

そこでminikuraの集荷・送料について徹底的に調査してみました。

minikuraを利用するつもりの人は知っておいて損のない情報ばかりです。

 

スポンサーリンク

minikura(ミニクラ)には2通りの集荷がある

minikuraでは段ボールを自分で送る方法集荷に来てもらう方法の二通りがあります。

ちなみに伝票に関しては、ヤマト運輸のものが段ボールと一緒に届くので用意する必要はありません。

まずは自分で送る方法ですがこれは単純で、段ボールをコンビニまで持っていきます。

伝票と荷物を店員に渡すと手続きしてくれるので苦労することはないでしょう。

 

ちなみにヤマト運輸を取り扱っているコンビニは以下のものです。

ヤマト運輸取り扱いコンビニ店舗

セブン-イレブン/ファミリーマート/サークルKサンクス

デイリーヤマザキ/スリーエフ/ポプラ/ニューデイズ

 

段ボールを自分で送るメリット・デメリット

自分で送るメリットとしては段ボールを詰め終わった瞬間に送れることです。

そうすれば部屋が段ボールだらけにならなくて済むので、早くに部屋が片付きます。

 

デメリットは荷物が多い時には不向きなところです。

荷物が5箱以上もあると車でないと持っていくのは無理ですよね。

もし車がないと何往復もしないといけません。

他にも外出しないといけないのが嫌という人もいるでしょう。

自分で段ボールを送る場合は、こういったメリット・デメリットがあります。

 

段ボールを集荷してもらうメリット・デメリット

一方、集荷はミニクラのマーページから依頼できるので外出しなくても良いです。

また荷物が何箱あってもそこまで苦労しません。

ただ集荷に来るまで多少なりとも時間が掛かってしまうのがデメリットです。

もし段ボールが多いとそれだけ部屋も圧迫されて、数日間苦しい思いをすることになります。

 

ということでminikuraの集荷をまとめるとこうなります。

  • 自分で送ると早くに荷物が片付くが持っていくのが面倒
  • 集荷に来てもらうと手間がかからないが数日間は荷物が邪魔

何を優先するかで選ぶと良いですが、個人的には集荷です。

集荷はほぼ何もしなくても良いので圧倒的に楽!

また重い荷物を持たなくて済むので、力のない人には集荷一択でしょう。

そんな楽ができる集荷の頼み方を紹介していきましょう。

 

集荷依頼はマイページから

以下の手順を踏むと集荷を依頼できます。

  1. マイページから段ボールを取り寄せて預ける物を全て詰める
  2. マイページの「預け入れ」から「ボックス預け入れ」を選ぶ
  3. ボックスのタイトル付け・写真撮影の方法を選択する
  4. ボックスの配送方法で「集荷を申し込む」にチェック
  5. 集荷の日程・場所・時間帯を選ぶ

これだけで集荷の依頼は済みます。

後になって集荷先を変えたい場合は、マイページの申し込みメッセージから「集荷情報を変更する」を押すと変更可能です。

そしてもし自分で送る時は、配送方法のところで「自分で配送する」にチェックを入れてください。

minikura公式サイトはこちら

スポンサーリンク

minikura(ミニクラ)へ預け入れる時の送料は無料!

minikuraの集荷は簡単でさらに送料もかかりません。

というのも段ボールを取り寄せた時に届く伝票が着払いのものです。

そのためminikuraが送料を負担してくれます。

さらに段ボールを取り寄せる料金もかからないので、預け入れまでにかかる料金はゼロ円です。

利用する側としてはとてもありがたいですね。

 

しかしminikuraの段ボールを取り寄せてから、翌々月までに送らないと各プランの保管料金を取られます。

なので申し込んだらできるだけ早く預けるようにしておきたいですね。

ということでminikuraに預ける送料はかかりません。

 

スポンサーリンク

minikura(ミニクラ)の取り出しにかかる送料は1000円

逆にminikuraからこちらに荷物を送ってもらう時にも送料は取られません。

ただ取り出し料金として1箱に付き1000円かかります。

なので言い方を変えると1000円の送料がかかるということです。

ちなみに取り出し料金1000円というのは、2020年6月1日から変更したので注意してください。

 

そして取り出し料金はminikuraクリーニングパック以外でかかるため、ほとんどの場合支払うことになるでしょう。

取り出すだけでお金を取られるのは嫌ですよね。

しかし預けた物を引きだす時の料金をタダにする方法があります。

それは荷物を1年預けることです。

なのでminikuraに預ける物は、1年を通して1回使うか使わないくらいのものにしておくと無駄なお金がかかりません。

 

ちなみにminikuraHAKO以外のプランだと一点当たりから取り出せます。

その場合の料金はプランによって異なりますが最大でも800円です。

詳しくはこちらからどうぞ

minikura(ミニクラ)の取り出し料金が高い!無料になる裏技も紹介
minikura(ミニクラ)は詰めて送るだけで物を預けられる宅配式のトランクサービスです。 でも取り出しの際には料金がかかってしまうので知らないと損します。 ただ物を預ける会社は寺田倉庫という、トランクサービスとしてかな...

ということでminikuraは引き出す際の送料はかかりませんが、送料込みの取り出し料金がかかります。

minikura公式サイトはこちら

スポンサーリンク

minikura(ミニクラ)のヤフオク出品でかかる送料は一律800円

minikuraには預けた物をそのままヤフオクに出品できるサービスがあります。

なので家にある不要なものを、minikuraに預けて小銭を稼ぐというのも有効的な使い方です。

minikuraを通してヤフオク出品をすると、発送や梱包の手間がかかりません。

そのためヤフオク出品になれていない人でも利用できます。

そんなヤフオク出品についてはこちらで全て解説しているので気になる方はどうぞ

minikura(ミニクラ)はヤフオクと提携!発送・出品も簡単にできる
minikura(ミニクラ)

 

ヤフオクを利用する人は知っていると思いますが送料がかかりますよね。

その送料は出品者負担か落札者負担か選べますが、後者なら送料を上乗せするだけで良いです。

しかし出品者負担にするとこちらで送料を払うことになります。

そして送料はminikuraから送ると一律800円です。

一律なため、相手の住所を考えて送料を出すという非常に面倒な作業をしなくて済みます。

 

このようにminikuraを通してヤフオク出品すると様々な手間がなくなるのです。

特に出品したものを自宅に置いておかなくても良いのが素晴らしいですよね。

なのでヤフオク目当てでminikuraを利用するのも良いでしょう。

 

スポンサーリンク

minikuraは送料が無料だけど取り出し料金がかかる

minikuraでは自分から送るか集荷を依頼するか選べます。

いちいち荷物を持っていくのも面倒なので、マイページから簡単に依頼できる集荷がおすすめです。

ちなみにminikuraに送る時の送料はかかりません。

ただ預けた物を引きだす時の送料は、取り出し料金として1000円かかります。

 

一見高い値段ですが1年預けていると無料になるので、あまり使わない思い出深い物などを預けるのがおすすめです。

例えば子供用品はお子様が成長したら絶対に必要ないですが、なんとなく捨てられないですよね。

でも押し入れに置いておくと収納を圧迫するので正直邪魔です。

そんな時minikuraに預けるとそんな悩みはまるっと解決します。

minikuraを利用して自宅の収納をガラッと開けてみませんか。

minikura公式サイトはこちら

コメント