minikura(ミニクラ)なら書類を溶解できる?落とし穴に注意

minikura(ミニクラ)には預け入れた物をクリーニングしたり、ヤフオクに出品したりできるサービスがあります。

その他にも文書溶解という書類や本を捨てられるサービスもありますが、どういったものなのでしょうか?

そこでminikuraの文書溶解について徹底的に解説していきたいと思います。

いくつか注意点もあるので、頼む際には気を付けくださいね。

 

minikura(ミニクラ)は文書溶解サービスで書類や本を処分できる!

文書溶解とは書類や本など紙類を処理することです。

処理された紙はトイレットペーパーなどに再利用されます。

 

なぜ物を預け入れることをメインにしているminikuraにこのようなことができるのかと言うと、専用の処理施設と提携しているからです。

宅配トランクルームに文書溶解が付いているのはかなり珍しくて、有名どころのサマリーポケットでもありません。

なので文書溶解をしたいという人はminikuraに預け入れるのも良いですね。

 

しかし書類や本の処分をなぜお金をかけてまでするのだろうと思いませんか?

確かにそのまま捨てるのは怖いですが、シュレッダーにかけたら大丈夫そうですよね。

でもこの考えは大変危険なので、個人情報が載っている書類など特に重要な書類ではしない方が良いです。

 

以下では書類をそのまま捨てると起こりうるヤバイ出来事を紹介していますね。

この機会にその危険性を知っておきましょう。

 

【ヤバすぎる】重要な書類をそのまま捨てる危険性

個人情報が載っている書類をそのまま捨てると最悪の場合、ストーカーや詐欺などにあう可能性があります。

他にも自宅によく分からないものが送り付けられたり、ネットで個人情報をさらされる危険性もあるのです。

こうなってしまってはもう取り返しが付かず、毎日何かに怯える人生を送ることになります。

 

こんな悲惨な人生にならないためにも、シュレッダーにかけるだけで良いのですが確実ではありません。

というのもシュレッダーにかけた書類を再現できるソフトがあります。

そのため確実に重要な書類を処分できないのです。

なので確実に書類を処分するなら文書溶解が一番安心できます。

文書溶解なら仮に書類の破片を見つけたとしても細かすぎて再生できません。

 

ただ文書溶解は企業に頼むものなので、その企業に実績があって真っ当な経営をしているかホームページで確認してから頼むようにしましょう。

以上が書類をそのまま捨てる危険性です。

ただ基本的にはシュレッダーで大丈夫なので、あまりにも処分する書類が多い時に業者に頼むと良いですね。

特に企業は重要な書類がたくさんあるので、情報を守るためには文書溶解しておいた方が安心です。

 

【超簡単】minikuraの文書溶解サービスはマイページから頼める

minikuraで文書溶解を頼む手順を紹介していきます。

まずはミニクラ マイページからHAKOのボックスを取り寄せてください。

そしてボックスが届いたら捨てたい書類や本などの紙類のみを梱包します。

この時紙類以外のものが入っていると溶解できません。

梱包が終わったら、マイページから預け入れと集荷の依頼を出してminikuraに送ります。

 

すると数日後、マイページに情報が更新されるので文書溶解の依頼を出してください。

後述しますがすぐには頼めません。

文書溶解の注文を受けたminikuraスタッフがダンボールの中身を確認して、メールで依頼主に依頼内容を伝えます。

そのメールに了承したら文書溶解して終了です。

このように家から一歩も出ることなく文書溶解できるので超簡単!

minikura公式サイトはこちら

minikura(ミニクラ)の文書溶解サービスの注意点

minikuraならとても簡単に文書溶解を頼めますがいくつか注意点があります。

minikuraの文書溶解サービスの注意点

・minikuraHAKOのみ可能

・1年以上預け入れる必要がある

・HAKOの保管料は1か月1箱250円

・文書溶解サービスは500円

・本や書類など紙類以外は溶解できない

・溶解の依頼は一回に付き20箱まで

そしてminikuraで文書溶解できる紙類は以下の通りです。

 

minikuraで文書溶解に対応しているもの一覧

【文書溶解できるもの】

・ホチキスの針/クリップ類/ゼムクリップ・ガチャダマ/紙製ファイル

・トレーシングペーパー/ポラロイド写真付きカルテ/パンフレット/ダンボール

・宅配便封筒・EMS (ビニールのついていないもの)

・スティックファスナー/食品の化粧箱/パンフレット/雑誌・新聞

・製本テープ (未使用のロールは不可)/付箋/複写用紙/履歴書(写真付き)

・写真/窓つき封筒/レシート/処方箋の袋/シュレッダー済み書類/綴じ紐

・OCRファイル/テプラシール/ファイルボックス/ハードカバー書籍

以上が文書溶解の注意点ですが詳しく見ていきましょう。

 

まずminikuraには全部で5つのプランがありますが、そのうち文書溶解を請け負っているのはminikura HAKOだけです。

なので例えば、minikura MONOで預け入れているものを文書溶解したいとします。

その時は一度取り出して、再度minikura HAKOで預け入れる必要があります。

こうすると料金がかなりかかってしまうので、書類関係はHAKOで預けておきましょう。

 

minikuraの文書溶解は1年の預け入れが条件!

もう一つの注意点は、ボックスをminikuraに1年以上預けていないと文書溶解できません。

なので一刻も早く捨てたい書類があるからといって、すぐに文書溶解ができないということです。

 

またHAKOは保管料として月に1箱250円かかります。

そのため1年経つ頃には3000円です。

そこにさらに文書溶解の料金として500円かかります。

つまりminikuraで文書溶解を頼むには3500円かかるということです。

 

他にも一度に20箱以上は文書溶解できないので、企業が頼む時には複数に分けてお願いしましょう。

ということでminikuraで文書溶解を頼むには1年以上かかって、料金も3500円かかります。

 

【比較】他の会社の文書溶解サービスの料金は?

minikuraに文書溶解を頼むと3500円かかりますが、他の会社の値段はどうなのでしょうか。

調べて見ると一番安いもので1箱400円というものがあります。

そのほかで見ても1箱1000~2500円です。

 

これを見る限り、minikuraは文書溶解としてはあまり優れていません。

やはりトランクルームなため文書溶解の企業と比べると劣ってしまいますね。

しかしトランクルームで文書溶解があるのはminikuraだけなのでそこは評価できます。

 

minikuraの文書溶解の使用例として、必要か分からないけどとりあえず置いておきたい時です。

特に書類が多い会社は、置いておいてもスペースを取るだけで、見返すことなんてほとんどありません。

そういう書類をminikuraに預けているとスペースがガラッと空いて広々と社内を使えます。

そして書類が必要になったら取り出して、不要ならそのまま溶解してもらいましょう。

 

こういったことをできるのがminikuraの強みです。

他の文書溶解を担当する企業ではこのようなことはできません。

もし自宅か社内に大量の資料がある時はminikuraを利用するのも良いでしょう。

 

【まとめ】minikuraの文書溶解サービスは利用制限がある!

minikuraの文書溶解は1年以上経っていないと利用できません。

またダンボールの保管料が1か月で250円かかって、文書溶解にも500円かかるので合計3500円かかります。

このように使い勝手が悪いですが、邪魔な書類を預けられるという面では優秀です。

書類というのは保険のために置いておく場合が多くて、基本的には再度使うことはありません。

 

しかしminikuraに預けると書類の整理もできて社内も幅広く使えます。

そして必要なければそのまま文書溶解することも可能です。

どこにどの書類があるか分からない現状をminikuraに預けて改革してみませんか。

そうすれば社内がスッキリして、いざ必要な時も連絡一つで探し出すことができますよ。

minikura公式サイトはこちら

コメント