minikura(ミニクラ)とトランクルームを徹底比較!

minikura(ミニクラ)はスマホさえあれば手続きできる宅配トランクルームです。

そんな便利なminikuraとトランクルームサービスを比べたらどちらが優秀なのでしょうか?

今回はトランクルーム内でも安いことで有名なキュラーズと徹底比較してみました。

トランクルームの利用を考えている人は是非参考にしてください。

 

【結論】minikura(ミニクラ)とトランクルームを比較

minikura(ミニクラ)とトランクルームでも安いキュラーズを比べた時にこのような差があります。

プラン名minikura HAKOキュラーズ
初期費用無料2300円+月額料金
月額料金1箱250円約10000円
取り出し料金1箱1000円基本的に無料
取り出しにかかる時間2.3日1日
預けられる荷物小さい荷物のみ

(1箱20㎏まで)

大きい荷物も可能
利用方法ネットで完結会社内で契約
対応地域全国対応都会のみ対応
写真撮影サービスありなし
その他のサービスヤフオク出品

衣類のクリーニング

書類の処分(文書溶解)

なし

※minikura HAKOは最安値のプラン

結論を先に言うと、大きい荷物を預けたいならトランクルームでそれ以外はminikuraです。

minikura公式サイトはこちら

minikura(ミニクラ)とトランクルームの料金を比較

まずはminikuraとトランクルームの料金を比較!

minikura(ミニクラ)の料金は安い!

minikuraのプランや料金

月額料金が安い

預け入れ料金(初期費用)が無料

取り出し料金がかかる(1年経過で無料)

特別な事情がない限りHAKOかMONOがおすすめ

 

minikuraには全部で5つのプランがあって料金も異なります。

項目HAKOMONOClosetLibraryクリーニングパック
月額料金250円/1箱300円/1箱500円/1箱450円/1箱11000円/1箱

※2020年10月現在の料金

 

クリーニングパックだけ異常に高いですがこれには秘密があります。

その秘密と各プランの特徴をまとめたものがこちらです。

minikuraのプランの主な特徴

・HAKO(250円/1箱)

写真撮影サービスがない、値段が一番安い、3種類の箱がある

レギュラーサイズ…幅38cm×高さ38cm×奥行38cm

ワイドサイズ…幅60cm×高さ20cm×奥行38cm

ブックサイズ…幅42cm×高さ29cm×奥行33cm

・MONO(300円/1箱)

30点までの写真撮影サービスあり、箱の種類は2つ

レギュラーサイズ…幅38cm×高さ38cm×奥行38cm

ワイドサイズ…幅60cm×高さ20cm×奥行38cm

・Closet(500円/1箱)

衣類専用プラン、衣類をハンガーにかけて保管できる

衣類専用バッグ…幅40cm×高さ40cm×奥行40cm

・Library(450円/1箱)

本や書類など紙類専用のプラン、写真撮影枚数が無制限

ブックサイズ…幅42cm×高さ29cm×奥行33cm

・クリーニングパック(11000円/1箱)

全ての衣類をクリーニングできる、畳んで保管かハンガーに吊るして保管か選べる

衣類専用バッグ…幅40cm×高さ40cm×奥行40cm

クリーニングパックが異常に高いのは全ての衣類をクリーニングしてくれるからです。

そのためクリーニングしたい衣類がたくさんある場合は最適でしょう。

 

ちなみにminikuraに段ボールを預けるまでの送料やボックス代は無料です。

つまり初期費用がかかりません。

プランがたくさんあって悩みますが、基本的にはHAKOかMONOをおすすめいたします。

この二つは月額の保管料金が圧倒的に安いです。

 

minikuraの取り出し料金とは?

そしてminikuraでは保管料以外にも取り出し料金が必要です。

項目HAKOMONOClosetLibraryクリーニング

パック

ボックスごとの

取り出し料金

1000円/1箱1000円/1箱1000円/1箱1000円/1箱無料
一点からの取り出し料金非対応800円/1箱450円+1着に付き50円324円+1冊に付き32円800円/1箱

※2020年10月現在の料金

※ボックスごとの取り出し料金は1年経過で無料

 

一点からの取り出しというのは、預けたボックスの中から特定の物だけを取り出すことです。

以上の点を考慮して具体例を出してみます。

HAKOのプランでボックスを3箱出していたら、保管料として毎月750円です。

そして6か月後に1箱取り出したので残りは2箱になって、そこからの保管料は500円になります。

ただ取り出し料金として1000円支払わなければいけません。

minikuraで物を預けるとこのように料金が変動します。

 

しかしボックスを預けてから1年後に取り出すと無料になるため、1000円を支払わなくても良いです。

なのでminikuraには少なくとも一年は使わない物を預けるのが理想的ですね。

以上がminikuraで必要な料金の特徴です。

 

トランクルーム(キュラーズ)の料金は少し高い!

トランクルーム(キュラーズ)の料金

月額料金は地域や保管スペースによる(4000~5000円)

セキュリティカード代金2300円

取り出し料金は無料

キュラーズの月額料金ですが、地域や保管スペースによって異なります。

例えば0.4畳で4270円のものもあれば、16畳で52570円というように保管スペースだけでこの差です。

ちなみに1畳で10000円前後、2畳で20000円前後となっています。

 

キュラーズでは月額料金の他にもセキュリティカード代2300円が必要です。

セキュリティカードは倉庫への入場キーなため、キュラーズを利用するなら必ず購入する必要があります。

預けるまでに料金がかかるキュラーズですが、預け入れと取り出しに関しては無料です。

そのためキュラーズでは月額料金を払うだけで済みます。

以上がキュラーズで必要な費用です。

 

minikura(ミニクラ)とトランクルームのサービスを比較

続いてminikuraとトランクルームのサービスについて見ていきましょう。

 

minikura(ミニクラ)には4つのサービスがある

minikuraでは下記のサービスを請け負っています。

minikura(ミニクラ)のサービスと値段

・写真撮影…無料

・ヤフオク出品…無料(落札時の送料は800円)

・クリーニング…衣類は900円、靴とカバンは3800円

・文書溶解サービス…1箱に付き500円

 

これらのサービスがありますが実はサービスを受けられるプランが異なります。

プラン名写真撮影文書溶解サービスクリーニングヤフオク出品
HAKO非対応500円/1箱非対応非対応
MONO30点まで非対応対応対応
Library無制限非対応非対応対応
Closet全て撮影非対応対応対応
クリーニングパック全て撮影非対応対応対応

このように少しややこしいですが、HAKOが預ける専門、MONOがサービスも受けられて預けられると考えましょう。

なので物を預けるだけで良い場合はHAKOで、サービスを利用したい者はMONOに預けると安心です。

 

minikuraの写真撮影サービスとは?

写真撮影サービスというのは、minikuraスタッフが送った物を撮ってくれます。

その写真はminikuraマイページに載るため何を預けたか管理しやすいです。

たくさんの物を預ける場合は利用した方が良いでしょう。

 

minikuraのヤフオク出品サービスとは?

ヤフオク出品というのは預けた物をヤフーオークションに出せるのです。

預けながら出品できるので、ヤフオクのために梱包したものを自宅に置いておかずに済みます。

さらに発想や梱包なども向こうでしてくれるのでかなり楽です。

 

minikuraのクリーニングサービスとは?

クリーニングというのは衣類や靴・カバンをクリーニングしてくれます。

衣類をきれいにしてから保管したいという場合にはベストです。

ちなみにクリーニングに対応していないものもあるので、こちらで確認しておきましょう。

minikura(ミニクラ)でクリーニングできる衣類や毛布は?
minikura(ミニクラ)

以上がminikuraで受けることができるサービスとなっています。

minikura公式サイトはこちら

トランクルーム(キュラーズ)には運搬に関するサービスがある

キュラーズでは荷物を預かることしかしていないため、minikuraのような特別なサービスはありません。

キュラーズのサービス

運搬に関する2つのサービスがある

まずは荷物を無料で運搬してくれる「無料シャトルバスサービス」なるものがあります。

このサービスはお客様と荷物を倉庫まで無料で運搬してくれるというものです。

とてもお得なサービスですが、1日に3枠しかないため少し使いづらいかもしれません。

その他にも「レントラ便」というお手伝いを雇うサービスがあります。

30分で3510円という料金こそかかりますが、荷物が多い場合に利用すると楽です。

以上がキュラーズで受けられるサービスです。

 

minikura(ミニクラ)とトランクルームのその他を比較

最後にminikuraとトランクルームの手続きなどの特徴について見ていきましょう。

minikura(ミニクラ)の4つの特徴

miniruraの利用に当たってこのような特徴があります。

minikura(ミニクラ)の特徴

時間がかかる

大きい荷物には対応していない

全国に対応している

預け入れから取り出しまで全てネットで手続きできる

 

minikura(ミニクラ)のデメリット

minikuraでは預け入れから取り出しまで時間がかかります。

というのも段ボールを取り寄せて、送ってというまでに2.3日必要です。

また取り出しについても最低でも2.3日かかります。

 

このように時間がかかるため急いで部屋を片付けたい人・預けた物をすぐに取り出したい人には向いていません。

そしてminikuraの料金のところでも紹介したように段ボールのサイズがあまり大きくないです。

長くても60㎝なので家電などの大型の荷物を預けられません。

 

minikura(ミニクラ)のメリット

minikuraは全国に対応しているため誰でも利用できます。

そのため近くにトランクルームがない人には最適です。

また荷物を取りに行かずに済むので倉庫が遠くても関係ありません。

 

さらにminikuraに関する全てのことが自宅で完結します。

サービスの依頼から、取り出し、集荷に至るまでです。

しかも集荷の時間を調整できるため忙しい人には助かるでしょう。

 

トランクルーム(キュラーズ)の3つの特徴

キュラーズの特徴

大きい荷物を預けられる

荷物を預けに・取りに行く必要がある

倉庫が都会にしかない

キュラーズは東京や大阪、福岡など都会にしかないので利用できる人も限られます。

でも都会に住んでる人は利用しやすいです。

預け入れも取り出しもminikuraに比べると時間がかかりません。

しかも自分で借りる保管スペースを決められるので大きな荷物を預けられます。

ただ手続きから取り出しまで自分の足でいかないといけないのは、交通費や手間などを考えると面倒です。

 

【まとめ】小物ならminikura大きいものならトランクルーム

minikuraとトランクルームの特徴からそれぞれを利用するのに向いている場合はこちらです。

minikuraはこんな人におすすめ

季節ものの衣類や漫画などの小物を預けたい

できるだけお得にトランクルームを利用したい

トランクルームが近場にない

面倒な手続きをしたくない

一度トランクルームを利用してみたい

ヤフオク出品や衣類のクリーニングに興味ある

 

minikuraは何といっても料金が安くて、全国に対応している点が優れています。

トランクルームはこんな人におすすめ

大型の荷物を預けたい

預ける物が多い

預けた物をいつでも取り出したい

トランクルームは保管スペースが大きいのが強みです。

ただ他の面で見るとminikuraに大きく劣ります。

そのため大型の保管スペースが欲しいならトランクルームお得に・お手軽に物を預けるならminikruaです。

自宅のちょっとした荷物を片付けたいという人はminikuraを利用してみませんか?

そうすると自宅も綺麗になって、気持ちをスッキリしますよ。

minikura公式サイトはこちら

コメント