minikura(ミニクラ)で布団・毛布を預けられる段ボールは?

minikura(ミニクラ)は本や衣類などの小物を段ボールに詰めて、倉庫に預け入れることが可能です。

ミニクラは特に小物を対象としていますが、実は布団・毛布にも対応!

布団や毛布は基本的に夏場使わないので正直邪魔ですよね。

そこでミニクラに布団・毛布を預け入れ可能なプランや段ボールについて説明しています。

 

minikura(ミニクラ)で布団・毛布を預け入れるならHAKOかMONO!

ミニクラで布団・毛布を預け入れ可能なプランはminikura HAKOとminikura MONOです。

以下では各プランの特徴について解説しているので、どちらにしようか悩んでいる人は参考にしてください。

 

料金が安いminikura(ミニクラ)HAKOの特徴

minikura HAKOは月額で1箱250円と一番安いプランとなっております。

なので安さを優先するならHAKOです。

そんなHAKOには3つのダンボールがあります。

  • レギュラーサイズ…幅38cm×高さ38cm×奥行38cm
  • ワイドサイズ…幅60cm×高さ20cm×奥行38cm
  • ブックサイズ…幅42cm×高さ29cm×奥行33cm

ちなみに重さ制限20㎏ありますが、布団・毛布を入れる場合は関係ありませんね。

3つも段ボールがありますが、布団の場合は一番大きいレギュラーサイズか、ワイドサイズが適しております。

ただどちらを選んでも1.2枚しか入りそうにないですね。

その場合は段ボールを複数買うことになるため、その分保管料がかかるので注意です。

 

minikura HAKOの取り出し料金について

またいざ取り出す時には1箱1000円かかります。

そう考えると少し抵抗があるかもしれませんが、実は無料にする方法があるのです。

その方法はとてもシンプルで、ミニクラに1年以上預け入れるだけ!

1年も預けないといけないのかと思いますが、布団や毛布の場合はちょうど1年使わないですよね。

 

例えば冬場に使う毛布や来客用の布団などは滅多に使いません。

なので自宅の収納スペースをかなり取るので邪魔ですよね。

でもミニクラに1年預け入れていると空間ができて取り出し料金もかかりません。

そうすれば空いたスペースに新たに服などを収納できますよ。

 

サービスが豊富なminikura(ミニクラ)MONOの特徴

minikura MONOはHAKOと比べると50円高い、月額で1箱が300円です。

また段ボールサイズも一緒で、種類が少なくなります。

  • レギュラーサイズ…幅38cm×高さ38cm×奥行38cm
  • ワイドサイズ…幅60cm×高さ20cm×奥行38cm

これらを見る限りMONOを選ぶ意味なんてないように見えますよね。

でもMONOには写真撮影サービスと、一点からの取り出しシステムがあります。

 

写真撮影とはミニクラに送った物をスタッフが撮ってくれて、それがミニクラのマイページに挙げられるのです。

そのため何を預け入れたか分かりやすくて管理もしやすくなります。

でも30点までの撮影なので気を付けておきましょう。

 

minikura HAKOの取り出しについて

一点からの取り出しとはMONOに段ボールから一点ずつ取り出せるという仕組みです。

HAKOだと段ボール丸々の取り出しになってしまうので、複数の布団・毛布を入れている時に少し厄介かもしれません。

 

例えば段ボールに冬物と夏物を同時に入れていて冬物が欲しいとします。

HAKOなら段ボールごとの取り出しになるので、夏物も来てしまうのです。

しかしMONOなら段ボールから取り出せる物を選べるので、冬物だけを取り出して残りはそのまま預けて置けます。

こういった場合ならMONOの方が便利です。

また一点からの取り出しだと800円で済みます。

minikura公式サイトはこちら

【まとめ】HAKOとMONOを徹底比較!

ミニクラに布団や毛布を預け入れできるのはHAKOとMONOの二つです。

各プランの特徴を表にしたものがこちらになります。

プラン名月額保管量取り出し料金

(段ボールごと)

取り出し料金

(一点当たり)

写真撮影
HAKO250円1000円取り扱いなしなし
MONO300円1000円800円あり

※ダンボール丸々の取り出し料金は1年経過で無料

 

基本的に布団や毛布を預け入れる時は、一点しか入らないでしょうからHAKOをおすすめします。

ただ今まで段ボールに布団・毛布が入る前提で解説してきましたが、正直微妙ですよね。

段ボールは大きくて3辺の合計は114㎝しかないです。

なので薄手のものなら入るでしょうが冬物はきついかもしれません。

 

もし冬物を預けたい場合は、他の宅配トランクルームのサマリーポケットが良いです。

サマリーポケットなら幅60cm × 奥行20cm × 高さ38cmの段ボールがあります。

この大きさなら1枚くらい入るでしょう。

ということで薄手の布団はミニクラ、厚手の布団はサマリーポケットです。

 

minikura(ミニクラ)なら布団・毛布までクリーニングできる!

ミニクラには衣類などをきれいにしてもらえるサービスがあります。

衣類なら1枚900円で、靴とカバンなら1個3800円です。

クリーニングした上で、保管もしてくれると考えるとかなり親切ですよね。

例えばお気に入りの服、冠婚葬祭などに着る衣類だと丁寧に保管しておきたいので最適でしょう。

クリーニングはminikura MONOとClosetとクリーニングパックの3つで引き受けています。

興味がある人はこちらからどうぞ

minikura(ミニクラ)で服を預け入れできるプランを一挙公開
minikura(ミニクラ)は捨てられないけど置いておきたいものを会社に預け入れできるサービスです。 中でも小さいものを預けることができるため、服や本などの小物が対象とされています。 さらに保管場所は空調が利いているので...

 

そんなミニクラのクリーニングサービスでは布団・毛布も対応しているのでしょうか。

ということで公式サイトでクリーニング対応衣類を調べて見ました。

その結果、残念ながら布団・毛布には対応していなかったです。

ちなみに枕などの寝具類全般クリーニングできません。

そのため布団や毛布は預け入れるだけとなるので注意しておきましょう。

 

minikura(ミニクラ)に布団・布団を預け入れてもカビにならない!

仮にミニクラに布団や毛布を預け入れたとして、カビになったりしないのでしょうか。

長い間ミニクラに預けていると日に当たらないからカビができそうですよね。

しかしミニクラ倉庫の環境は整っていて温度を10~28℃、湿度を40~65%を常に保っています。

 

実は布団や毛布にカビが生える原因は湿度です。

そのため自宅に置いていてもしっかり湿度の管理をしないとカビが生えます。

例えば使わない布団・毛布はタンスや押し入れに放置することが多いですよね。

しかしそれではカビになる可能性があります。

 

でもミニクラに預けておけばカビが生えにくい環境なため、取り出した後も新鮮な状態です。

そうすれば頻繁に買い変える必要が無いので、お金の節約にもなりますよね。

ということでミニクラは環境が整っているので、預けている間に布団・毛布が劣化することはありません。

 

【まとめ】minikuraで布団・毛布を預け入れるならHAKOかMONO!

ミニクラで布団・毛布を預け入れするとしたらHAKOかMONOの段ボールです。

ただHAKOが月額250円と安いのでこちらをおすすめします。

段ボールの大きさは以下のものがあるのでお好みの方を選んでください。

  • レギュラーサイズ…W38cm×H38cm×D38cm
  • ワイドサイズ…W60cm×H20cm×D38cm

またミニクラ倉庫の環境は大変良いので、預けている間にカビになることもありません。

ミニクラに布団・毛布を預けて、押し入れやタンスの空間を有効活用してみませんか?

minikura公式サイトはこちら

コメント