minikura(ミニクラ)で服を預け入れできるプランを一挙公開

minikura(ミニクラ)は捨てられないけど置いておきたいものを会社に預け入れできるサービスです。

中でも小さいものを預けることができるため、服や本などの小物が対象とされています。

さらに保管場所は空調が利いているので、預け入れることで劣化することもありません。

 

しかしminikura(ミニクラ)には全部で5つのプランがあって、それぞれに適性があるのです。

そこで今回は服を預け入れする際に、どのプランを使えばよいか分かりやすく紹介していきます。

本や漫画を預け入れる時のおすすめプランはこちらで解説しているのでよろしければどうぞ!

minikura(ミニクラ)の本・漫画の預け入れブックボックスとは
minikura(ミニクラ)は本や漫画などの小物を預けることで棚にスペースを作れるサービスです。 ミニクラに預け入れるには、連絡して専用のブックボックスに入れるだけと外に出る必要もありません。 そんなミニクラには全部で5...

 

minikura(ミニクラ)で服の預け入れができる全てのプランを紹介

ミニクラで服の預け入れができるプランは全部で4つもあります。

  • HAKO
  • MONO
  • Closet
  • クリーニングパック

なのでミニクラ初心者には選ぶだけでも辛いですよね。

でもそれぞれに特徴があって値段も異なっているので、どれでも良いということではありません。

 

まず服の預け入れができる4つのプランと値段をご覧ください。

プラン名HAKOMONOClosetクリーニングパック
1箱の値段250円300円450円半年間で11000円

※2020年10月現在の料金

 

これを見るとminikura HAKOが最安値だから、これ以外あり得ないように感じますよね。

逆にクリーニングパックは高すぎて誰が選ぶのかという感じがするでしょう。

しかし各プランの内容を詳しく見てみるとこの考えが真逆になる可能性は高いです。

では各種のサービスについて見ていきましょう。

 

minikura(ミニクラ) HAKOで服を預け入れると最安値!

minikuraHAKOの特徴がこちらです。

minikura HAKOの特徴

服が詰め放題(推奨量は1箱10枚)

・1箱当たりの保管料が最安値(250円)

・1点からは取り出せない

・取り出し料金は1000円(預け入れから1年経過で無料)

・服を預け入れるならワイドサイズが最適

・写真撮影がない

・クリーニングを受けられない

minikura HAKOは1箱250円とミニクラ内で一番安いです。

とにかく安いので、服だけでなくたくさんの小物を預け入れしたい場合はminikura HAKOだと安く済みます。

そんなminikura HAKOには3つのダンボールがあります。

 

minikura HAKOのダンボールサイズは3つある

  • レギュラーサイズ…幅38cm×高さ38cm×奥行38cm
  • ワイドサイズ…幅60cm×高さ20cm×奥行38cm
  • ブックサイズ…幅42cm×高さ29cm×奥行33cm

※値段は全て同じ250円です

 

ダンボールがこんなにもあってどれに梱包すれば良いのか一見悩みますよね。

でも服を預け入れるならワイドサイズ一択です。

ワイドサイズは幅が広い代わりに高さが低いという特徴を持っています。

そのため服を梱包しやすいサイズです。

そしてminikura HAKOのワイドサイズは詰め放題なのでたくさん入れることができます。

ただ入れすぎるとシワになることもあるので1箱当たり10点がおすすめです。

 

minikura HAKOは写真撮影がないから注意!

minikura HAKOには、他のプランにあるクリーニングや写真撮影のサービスがありません。

クリーニングサービスとは預けた服をクリーニングした上で保管してくれるものです。

写真撮影は預け入れたダンボールに何が入っているか、マイページから分かるようになっています。

 

またminikura HAKOに預け入れた服を取り出す時はダンボールごとでしか取り出せません。

そのため1点だけ取り出したい時でも、箱ごとでしか無理です。

ちなみに取り出しにかかるお金は1箱1000円となっています。

ということで、とにかく安く預けたいならminikura HAKOです。

minikura公式サイトはこちら

minikura(ミニクラ) MONOで服を預け入れるとサービスがある

minikura MONOの特徴はこのようになります。

minikura MONOの特徴

・服が詰め放題(推奨量は1箱10枚)

・保管料は1箱300円

・1箱の取り出し料金は1000円(預け入れから1年経過で無料)

・1点から取り出し可能(取り出し料金は800円)

・服を預け入れるならワイドサイズが最適

・写真撮影サービスがある(30点まで)

・クリーニングサービスがある

・ヤフオク出品サービスがある

minikura MONOは1箱300円とHAKOと比べると50円高くなっています。

またダンボールの大きさもHAKOほとんど変わりません。

 

minikura MONOのダンボールサイズは2つ

  • レギュラーサイズ…幅38cm×高さ38cm×奥行38cm
  • ワイドサイズ…幅60cm×高さ20cm×奥行38cm

これだけ見るとHAKOより高いだけに見えますよね?

でもminikura MONOには写真撮影とクリーニングのサービスが付いているのです。

 

minikura MONOはクリーニングもできる

ミニクラのスタッフが無料で写真撮影してくれるので、それをマイページ上から確認できます。

ただ写真撮影は30点までと決まっているので気を付けておきましょう。

そしてクリーニングサービスをお願いすると、クリーニングした上で保管してくれるのです。

そのクリーニング代はこちらになります。

  • 衣類…900円
  • 靴・カバン…3800円

あまり着ないけどお気に入りの服をクリーニングした上で保管できるのはありがたいですね。

ちなみにクリーニングできるものはこちらで紹介しています。

minikura(ミニクラ)でクリーニングできる衣類や毛布は?
minikura(ミニクラ)

 

minikura MONOの取り出し料金は2種類ある

HAKOだと取り出しの際はダンボールごとになりますが、MONOだとダンボールから特定の服を取り出せます。

その取り出し料金はこちらです。

  • ダンボールの取り出し料金…1箱1000円
  • 特定の物の取り出し料金…1点に付き800円

1点に付き800円とありますがこれには罠があって、ダンボール1つに付き800円です。

つまり2点以上頼んでも、向こうで詰める時にダンボールに入りさえすれば、無駄にお金はとられません。

なので取り出す時にはできるだけ一緒に取り出すようにすると損しませんよ。

 

minikura MONOはヤフオク出品にも対応

他にもminikura MONOにはヤフオクに出品できるサービスがあります。

専用のダンボールに売りたいものを詰めて、送った後にヤフオク出品するように手続するだけです。

送料が800円かかりますが、面倒な写真撮影や出荷までしてくれます。

 

もちろんミニクラで保管もしてくれるため、いつまでも売れなくて邪魔!なんてことにもなりません。

かなり楽なので売りたいものをミニクラに預けておくのも良いですね。

ということで預ける以外にも目的がある場合にはminikura MONOを選ぶと良いでしょう。

 

minikura(ミニクラ) Closetで服を預け入れると吊るして保管できる

minikura Closetの特徴はこんな感じです。

minikura Closetの特徴

・服を吊るして保管できる

・10点までしか詰められない(11点目以降は100円ずつ追加)

・保管料は1箱500円(11点以上あっても一律)

・1箱の取り出し料金は1000円(預け入れから1年経過で無料)

・1点から取り出し可能(取り出し料金は450円+1点に付き50円ずつ)

・写真撮影サービスがある

・クリーニングサービスがある

・ヤフオク出品サービスがある

minikura Closetは1箱450円で預け入れができるプランです。

このプランはダンボールではなくて専用のバッグに詰め込みます。

また靴下や布団などの服以外は対応していないので注意しておきましょう。

 

minikura Closetで梱包することができる服の枚数は10着

バッグには基本的に10点詰めることができまが、それ以上詰めるのも可能です。

その場合は1点に付き100円ずつ追加されていきます。

例えば12点を一つのバッグに預けると、基本料金の500円と追加料金が2着分で200円かかって、合計700円になるということです。

しかも保管手数料は500円のままなので詰めた方が得になります。

 

minikura Closetにはもちろん各種サービスにも対応していて、写真撮影とヤフオク出品とクリーニングが可能です。

ここまで聞くとminikura MONOとあまり変わらないですよね。

でも一番の違いはminikura Closetが服を吊るして保管するところです。

 

そのため畳むとシワができるスーツや畳みづらいコートなんかはminikura Closetの方が良いです。

このような違いがあるので畳むものはMONOで、吊るしたいものはClosetと覚えておきましょう。

 

minikura Closetは1着から取り出しできる

minikura Closetは1点当たりの取り出し料金がMONOより安いです。

基本料金の450円と1点当たりの手数料50円となっています。

もっと分かりやすくするために具体例を出してみますね。

まずはMONOで服を3点取り出すとします。

 

MONOなら一括で取り出すと800円で済み、量も多くないのでダンボールも1箱で済むでしょう。

その結果取り出し料金は800円になります。

一方Closetだと基本料金の450円と、1点当たりの取り出しに50円かかるので、3点なら150円です。

これを合計すると600円で取り出すことができます。

 

このようにminikura Closetは、MONOより取り出しにかかるお金が少なくて済むのもポイントです。

また服を吊るせて、取り出し料金が安いのもポイントです。

minikura公式サイトはこちら

minikuraクリーニングパックだと全部クリーニングできる

クリーニングパック特徴はこうなりました。

minikura クリーニングパックの特徴

・半年で11000円(保管料込み)

・7か月目以降は保管料が500円かかる

・10点までしか詰められない(11点目以降は800円ずつ追加)

・バックに詰められてるものは全てクリーニング

・クリーニング後は服を吊るすか畳むか選べる

・1点から取り出し可能(取り出し料金は800円)

・バッグごとの取り出しは無料

・写真撮影サービスがある

・ヤフオク出品サービスがある

minikura クリーニングパックは半年間の預け入れで11000円かかります。

ちなみに7か月目からは保管料が500円です。

こちらも服専用なので注意しておきましょう。

 

また商品も10点しか詰められず、11点目からは1点に付き850円追加です。

ここだけ見ると何も良いことがないですよね。

でもクリーニングパックの凄いところは、バックに入っているもの全てについてクリーニングをしてくれることです。

 

minikura クリーニングパックは値段が安い!

クリーニングは通常900円かかることを考えたら、10点すると9000円になります。

それプラス保管料もあるのでクリーニングパックの方が安いです。

 

もしクリーニングしたい服がたくさんあるという人はクリーニングパックが最適でしょう。

しかもバッグごと取り出す時も無料です。

他のプランなら1000円かかることを考えると信じられないですね。

ただ1点当たりで取り出すと800円かかるので注意しておきましょう。

 

そしてクリーニング後は畳んで保管するか、吊るして保管するか選べるというサービスまで付いています。

もちろん写真撮影とヤフオク出品サービスもありますよ。

ということでクリーニングパックはクリーニングしたい服が10点以上ある時におすすめのプランです。

 

minikura(ミニクラ)で服を預け入れする具体的な方法を紹介

ミニクラでどのプランを使って服を預け入れるか決めましたか?

続いて実際に預け入れる手順を紹介していきます。

 

minikuraの使い方①公式サイトの無料会員登録をする

まず公式サイトで会員登録してください。

この段階ではお金は取れらないので安心ですよ。

 

minikuraの使い方②マイページから手続きをする

そしてマイページから「ボックス購入」を押して、頼みたいプランとその個数を決めます。

決めた後は「ボックスの確認」を押して、住所などの確認をして申し込むととりあえず終了です。

 

minikuraの使い方③ダンボールに服を詰めていく

おそらく注文から2.3日後にダンボールかバッグが届くので、各プランに合わせて詰めていきます。

詰める時は重さ制限は20㎏あって、他にもダンボールもしくはバッグを閉めきる必要があるので注意しておきましょう。

 

minikuraの使い方④マイページから集荷の依頼をする

服を詰めたらマイページから預け入れの手続きをします。

まずは「ボックス預け入れ」ボタンを押すと、預け入れるボックスの詳細を書き込んでいくのですが、ボックスにタイトルを付けましょう。

 

minikura HAKOで頼む時は写真撮影がないので、この段階で分かりやすいようにしておくと安心ですね。

その後集荷の依頼をしますが以下の3つから選べます。

  • ヤマト運輸
  • 日本郵便
  • 自分で送る

ボックスと一緒に送り状も送付されているため、どこからでも送料はかかりません。

集荷依頼をする場合は集荷場所などを送る必要があります。

 

以上がミニクラに服を預け入れる手順です。

ちなみにボックスを送った後は、一週間以内にマイページにボックス内容が反映されて、何を送ったか確認できるようになります。

もし取り出しについても知りたい人はこちらで解説しているのでどうぞ!

minikura(ミニクラ)の取り出し料金が高い!無料化の裏技公開
minikura(ミニクラ)は詰めて送るだけで物を預けられる宅配式のトランクサービスです。 でも取り出しの際には料金がかかってしまうので知らないと損します。 ただ物を預ける会社は寺田倉庫という、トランクサービスとしてかな...

 

【まとめ】minikura(ミニクラ)で服を預け入れできるプランは4つ

ミニクラでは4つのプランで服の預け入れができます。

それぞれの特徴を簡単にまとめたのがこちらです。

・minikura HAKO…とりあえず安く預けたい

・minikura MONO…写真撮影ありで服を畳んで保管したい

・minikura Closet…服を吊るして保管したい

・minikura クリーニングパック…10点以上に服をクリーニングしたい

このような特徴があるので、ミニクラを上手に利用して部屋の収納を開けましょう。

 

特に季節ものは年に1回しか使わないので、ミニクラに送ると新しく服を収納できるようになります。

そうすれば新しく服を買うためにお気に入りの服を捨てるかどうか悩まずに済みますよ。

minikura公式サイトはこちら

コメント