【真相解明】minikura(ミニクラ)の箱は再利用できるの?

minikura(ミニクラ)は専用の段ボールで預けて、取り出しもそのまま同じ箱で引き出す仕組みです。

ではその引き出した箱は再利用することができるのでしょうか?

再利用できないと自宅の段ボールがたまり続けるだけですよね。

そこでminikuraの箱を何度も使い回せるのか調べてみました。

 

minikura(ミニクラ)の箱は再利用できるのはHAKOプランだけ!

minikuraには全部で5つありますが箱を再利用できるのはHAKOのプランだけです。

そのため他の4つのプランでは引き出した箱を処分するしかありません。

逆にHAKOで取り出した後の箱を処分してしまうともったいないので気を付けてください。

そして再利用するには以下の手順を踏む必要があります。

  1. マイページから「預け入れ」を押して「ボックス預け入れ」へ進む
  2. 「取り出し済みボックスを再度預ける」ボタンを押す
  3. 再利用する箱を選び、「ボックス情報入力」を押す
  4. ボックスのタイトルを記入する
  5. 集荷情報を入力して確定する

この手続きをしないとminikuraで受け付けてくれないのでしっかり押さえておきましょう。

ということでminikuraで箱を再利用できるのはHAKOのみです。

 

唯一箱の再利用ができるHAKOとは

HAKOはminikura内でも月額保管料が1箱250円と最安値です。

ただ安い代わりにサービスに対応していないので、少し使いづらいという特徴を持っています。

特に写真撮影がないため自分で何を預けたか押さえておかなければなりません。

おススメのやり方としては梱包する時に自分で写真を撮っておいて、その写真をスマホのフォルダに入れる方法です。

このようにしておけば撮影がなくても何とかなります。

ということでHAKOはサービスに対応していない代わりに安いです。

また箱を再利用できるので費用も手間も抑えることもできます。

 

minikura(ミニクラ)の箱を多めに取り寄せても再利用できない!

minikuraで箱を取り寄せて、実際に詰めてみると箱が余ったということはあり得ますよね。

そうすると箱を返したいと思うでしょう。

しかしminikuraでは箱のキャンセルが利きません。

なので箱を取り寄せる時は想定より少なめに注文しておいて、後で微調整するのが確実です。

注意していても箱が余ることはあるでしょう。

そんな時は次回分の預け入れに回しましょう。

 

minikuraの初期費用が無料になる期限は翌々月まで!

minikuraでは箱の注文から翌々月までに預け入れることで初期費用が無料になります。

例えば5月9日に注文をすると7月末までに預け入れれば料金を取られないということです。

もし期限を過ぎてしまうと段ボール代として、各プランの保管料を取られます。

こういった特徴がありますが、見方を変えれば翌々月までに預け入れさえすれば無料です。

 

例えば5月に多めに箱を取り寄せて1箱余ったとしても、7月までに使えば問題ありません。

なので万が一多めに取り寄せてしまったら、次回分にまわしましょう。

ということでminikuraの箱を多めに取り寄せるとキャンセルはできませんが、期日までに利用すれば大丈夫です。

 

【まとめ】minikura(ミニクラ)の箱はHAKOプランのみ再利用できる!

minikuraの専用ボックスはHAKOのプランのみで再利用できます。

ただ送るだけでは再利用できず、マイページから手続する必要があるので注意です。

このようにHAKOは箱を無駄にせず、料金も安いのでおススメのプランとなっています。

そんな安いHAKOなら多めに預けてもそこまで料金はかさみません。

なので多くの物を預けたい場合はHAKOがおすすめです。

minikura公式サイトはこちら

コメント