断捨離要らずのminikuraとは?メリット・デメリット公開

minikura(ミニクラ)は断捨離せずとも部屋をスッキリと片付けられるサービスです。

そんな便利なミニクラのメリット・デメリットについて紹介していきたいと思います。

「ミニクラを使ってみたいけどどうなんだろう?」と思っている人は参考にしてください。

 

  1. minikura(ミニクラ)には6つのメリットと3つのデメリットがある
    1. minikuraはこんな人におすすめ!
  2. minikura(ミニクラ)の口コミからメリット・デメリットを調査!
    1. minikura(ミニクラ)の悪い口コミ5選
    2. minikura(ミニクラ)の良い口コミ5選
  3. minikura(ミニクラ)の5つのプランとは?おすすめはHAKO・MONO
    1. 【一番おすすめ】minikura HAKOについて
    2. 【二番目におすすめ】minikura MONOについて
    3. 【本を預ける時におすすめ】minikura Libraryについて
    4. 【服を吊るして保管したい時におすすめ】minikura Closetについて
    5. 【服をきれいにしたい時におすすめ】minikura クリーニングパックについて
    6. 段ボールに入れられる物の目安とは
  4. minikura(ミニクラ)で受けられる4つのサービスとは
    1. minikuraは預けた物の写真撮影をしてくれる
    2. minikuraは文書溶解で書類を処分できる
    3. minikuraは衣類をクリーニングできる
    4. minikuraはヤフオク出品も可能!
  5. minikura(ミニクラ)で必要な料金を一挙公開!取り出し料金とは
    1. minikura(ミニクラ)の取り出し料金は1000円程度
  6. minikura(ミニクラ)の使い方とは?各サービスの注文方法も紹介!
    1. ミニクラの預け入れまでの手順
    2. ミニクラに預けた物の取り出し方とは?
    3. ミニクラクリーニングを利用する方法とは?
    4. ミニクラヤフオク出品を利用する方法とは?
    5. ミニクラ文書溶解を利用する方法とは?
  7. minikura(ミニクラ)の利用は注意!2つのデメリットとは
    1. ミニクラに大きいものは預けられない
    2. ミニクラに預けた物は取り出しに時間がかかる
    3. ミニクラの気になる注意点を一挙紹介!
  8. minikura(ミニクラ)を運営している寺田倉庫は安全性がバツグン!
    1. 寺田倉庫は最適な保管環境を保ってる!
  9. minikura(ミニクラ)と同業他社を徹底比較!
  10. 【まとめ】minikura(ミニクラ)は小物を預けるのに便利!

minikura(ミニクラ)には6つのメリットと3つのデメリットがある

先にminikuraのメリット・デメリットを一挙公開しちゃいます。

minikura(ミニクラ)のメリット・デメリット

・メリット

値段が安い

預けた物をマイページでいつでも確認できる

サービスが豊富

大手の寺田倉庫だから安心

プランが豊富

手続きが簡単

・デメリット

大きい荷物を預けられない

荷物の到着が遅い

頻繁に取り出す場合には向いていない

※数字を押すと該当項目まで飛びます

 

以上minikuraには6つのメリットと3つのデメリットがあります。

そんなminikuraを利用したことがある人の口コミから、minikuraの利用に向いている人が判明しました。

 

minikuraはこんな人におすすめ!

なかなか物を捨てられない

家族に内緒にしたいものがある

お手軽にトランクルームを利用したい

片づけが苦手

服や本が多くて収納に困っている

この中に一つでも当てはまるならminikuraを使う価値は十分にあります。

ではminikuraの口コミを見ていきましょう。

minikura公式サイトはこちら

minikura(ミニクラ)の口コミからメリット・デメリットを調査!

まずはminikuraを実際に利用した人の口コミからミニクラを実態を調査しました。

以下の口コミはこちらから一部抜粋しているものなのでもっと知りたい人はどうぞ!

寺田倉庫が運営するminikura(ミニクラ)の口コミを徹底分析
minikura(ミニクラ)は寺田倉庫という大会社が運営しています。 そのため倉庫内は環境が良く、防犯セキュリティも高いです。 そんなminikuraの口コミはどうなのでしょうか? 大きい会社が務めているから絶対に...

 

minikura(ミニクラ)の悪い口コミ5選

minikuraが気に食わないという口コミを5つ紹介します。

大きい荷物を預けられれば良いのに…

minikuraは安くて月額250円で預かってくれるのはとても良いです。

ただ大きい荷物が入らないのが残念…

でも衣類や本には向いているから助かってます。

 

保証金額が心もとない

minikuraには商品の破損に対して最大で1万円の保証をしていますが、ハッキリ言って少ないです。

本とかはいいけど少し高価なものは預けられません。

もっと金額が上がってくれば高いものも預けるのになあ…

 

取り出しをもっと早くしてほしい!

海外旅行に備えて衣類を取り出したのですが到着が遅いです。

もっと早く来ると思っていましたが、マイページで取り出してから3日かかりました。

住んでる地域にもよるから仕方ないのでしょうか。

 

退会が意外と面倒だった

minikuraの退会はマイページから簡単にできるのは助かりました。

でもメールで引き止めにあって少しうざかったです。

まあ電話で引き止められるよりかはマシかな。

 

専用アプリがないのが惜しい!

minikuraは全てマイページから手続きできるのでとても助かります。

ただアプリを出してくれるともっとスムーズにいくのになあ…

今後に期待しています!

以上がminikuraに対する悪い口コミですが、保管したものが汚れていたなどの口コミはありませんでした。

どちらかというと「こうすればもっと良くなるのに…」という口コミが多いです。

この口コミから判断するとminikuraの保管倉庫としての能力は高いということですね。

 

minikura(ミニクラ)の良い口コミ5選

続いてminikuraに対する良い口コミを同じく5つ紹介します。

値段がとにかく安い!

minikuraはプランにもよりますが最安値で250円から預けられます。

トランクルームでは考えられない値段です。

これならお金に余裕がない私でも利用できます。

 

手続きが楽すぎ!

minikuraは全ての手続きをマイページからできます。

そのためどこかに荷物を持っていったり、交渉などが必要ありません。

とにかくお手軽に使えるのが最高です!

 

人生で初めて断捨離できました!

私は毎年のように断捨離を志しているのですが、いつも何を捨てて残すかで悩んでいました。

その結果何もせずに断捨離を断念する、ここまでがいつもの流れです。

でもminikuraを利用して悩んだものをとりあえず預けてみました。

すると嘘みたいに部屋がきれいになって、めっちゃ嬉しい!

今後は預けた物をマイページから確認して断捨離していきたいと思います。

 

秘密を家族に隠せました!

私はコスプレを趣味にしているのですが、恥ずかしくて家族には打ち明けていません

そして自分の部屋に衣装を隠しているのですが、いつバレるのかと気が気でないです。

そんな時衣類を預けられるminikuraという存在を知って、コレだと思いすぐに利用しました。

手続きも簡単で家族にバレることなく無事発送まで完了。

これでもう家族にバレることはないととても安心(-_-;)

たった1000円で絶対的な身の安全を確保できたと思えば安いものです。

 

なかなか捨てられないアレを処分!

学生時代のアルバムや思い出深い物をなかなか処分できなくて困っていました。

収納スペースのことを考えると捨てたいのですが、なんとなく捨てにくい…

でもminikuraに預けると捨てることなく収納スペースを増やせるのです!

誰しも思い出深いものがあると思いますが、minikuraなら捨てることなく解決できるのでおススメ!

以上がminikuraの良い口コミですが値段が安い・手続きが簡単・部屋が片付いたというものが多いです。

中でもminikuraで部屋がスッキリしたという口コミが多かったので、部屋を片付けられない人には特に向いています。

ということでminikuraの口コミは良いものが多く、悪く言っているのも改善してほしいというものです。

また家族に内緒のものがある人には特におすすめで、毎日安心できるようになります。

秘密がある人はminikuraに預けるのが確実に安全ですよ。

minikura公式サイトはこちら

minikura(ミニクラ)の5つのプランとは?おすすめはHAKO・MONO

おおむね評価が高いミニクラには5つのプランがあります。

それぞれのプラン名と主な特徴がこちらです。

minikuraのプランの主な特徴

・HAKO(250円/1箱)

写真撮影サービスがない、値段が一番安い、3種類の箱がある

レギュラーサイズ…幅38cm×高さ38cm×奥行38cm

ワイドサイズ…幅60cm×高さ20cm×奥行38cm

ブックサイズ…幅42cm×高さ29cm×奥行33cm

・MONO(300円/1箱)

30点までの写真撮影サービスあり、箱の種類は2つ

レギュラーサイズ…幅38cm×高さ38cm×奥行38cm

ワイドサイズ…幅60cm×高さ20cm×奥行38cm

・Closet(500円/1箱)

衣類専用プラン、衣類をハンガーにかけて保管できる

衣類専用バッグ…幅40cm×高さ40cm×奥行40cm

・Library(450円/1箱)

本や書類など紙類専用のプラン、写真撮影枚数が無制限

ブックサイズ…幅42cm×高さ29cm×奥行33cm

・クリーニングパック(11000円/1箱)

全ての衣類をクリーニングできる、畳んで保管かハンガーに吊るして保管か選べる

衣類専用バッグ…幅40cm×高さ40cm×奥行40cm

※2020年10月現在の料金

基本的にはHAKOかMONOのプランをおすすめいたします。

その理由を各プランの詳細をお伝えしながら解説していきますね。

 

【一番おすすめ】minikura HAKOについて

minikura HAKOはミニクラ内でも、1箱250円と一番安いプランです。

そのためとにかく安くミニクラを使ってみたい人には向いています。

ただHAKOは後述するサービスにあまり対応していません。

特に写真撮影をしてくれないため、たくさん預けると何を預けたか分からなくなります。

この危機を防ぐには他のプランを利用するか、自分で管理するかです。

自分で管理する方法を特別に暴露します。

この方法はスマホさえあればできるので少し手間ですが、値段が安いHAKOを利用したい人にはおすすめです。

  1. 段ボールごとに何を入れたか写真を撮る
  2. マイページの預け入れの際にボックスにタイトルを付ける
  3. 上記で付けたタイトルでスマホ内でフォルダ作る
  4. そのフォルダに最初に撮った画像を入れる

このようにすると何を入れたか自分で管理できるため、ミニクラの撮影サービスは要りません。

 

ただ量が増えてしまうと手間になってしまうので、お金より時間を取りたい人はHAKO以外のプランを利用しましょう。

個人的にはどれだけ量が多くてもHAKOをおすすめします。

というのもHAKOに次いで安いMONOでも比べると50円高いです。

そうなると年間に1箱に付き600円もの差があります。

仮に10箱も預けると6000円ですよ。

なので最初こそ手間ですが個人的にはHAKOの利用をおすすめします。

 

しかし先ほどお伝えしたようにHAKOはサービスに対応していないので、サービスの利用を考えている場合は別です。

ということでminikura HAKOは値段が一番安いので、試しに使ってみたい人には最適でしょう。

 

【二番目におすすめ】minikura MONOについて

minikura MONOはミニクラ内でも2番目に安い1箱300円です。

しかもMONOは各種サービスに対応しているため、一番利用しやすいプランとも言えます。

こういった条件があるためミニクラ内では一番人気のプランだそうです。

 

でも一つだけ注意してほしいのが、MONOの撮影サービスは30点までしか対応していません。

なので31点以上入れると箱を撮影するだけで、HAKOとほとんど同じことになってもったいないです。

この点が唯一のMONOのデメリットといえます。

ちなみにボールペンや漫画などは、ひもなどで一つにしておくと一点として扱ってくれるのです。

このようにすると撮影もしてくれて、多くの物を預けられます。

以上minikura MONOの特徴になりますが、値段も安くサービスも受けられるので迷ったらMONOで良いです。

 

【本を預ける時におすすめ】minikura Libraryについて

minikura Libraryは紹介してきたプランと比べると少し高価で1箱450円します。

さらに本・書類・楽譜・DVD・ゲームソフト・CD・ノート・ファイルしか預けられません。

このように使い勝手が悪いLibraryの何が優れているのかというと写真撮影です。

Libraryの撮影枚数は書類を一枚一枚撮るのは無理ですが、基本的に無制限となっています。

なので小説などの一巻で完結している本をたくさん預けるのには最適です。

他のプランだと枚数制限があるため単巻を大量に預けると分からなくなります。

 

でもLibraryなら一冊一冊撮ってくれるため、マイページ上で何を預けたか一目で確認可能です。

逆に漫画などのシリーズ物はMONOかHAKOでも問題ありません。

同シリーズを別々の箱に入れる場合は別ですが、ボックスにまとめて入れておくと一冊一冊撮影する必要はないですよね。

そのためLibraryの強みである無制限の撮影が生かされません。

ということでLibraryは単巻の小説を大量に預けたい場合に利用するのが向いています。

 

【服を吊るして保管したい時におすすめ】minikura Closetについて

minikura Closetも少し高めの1箱500円です。

さらに衣類にしか対応していません。

そんなClosetの何が良いのかというと、衣類をハンガーに吊るして保管してくれるところです。

HAKOやMONOで衣類を預けると畳むしかないので、預けられる服が限られてきますよね。

でもClosetならハンガーに吊るして保管してくれるので、畳めないスーツやコートなんかも預けられます。

シワを付けたくない衣類をミニクラに預ける場合はClosetを利用しましょう。

 

【服をきれいにしたい時におすすめ】minikura クリーニングパックについて

クリーニングパックはダントツで値段が高くて1箱11000円です。

他のプランと比べても嘘のように高いですよね。

でもこのプランが高いのには3つの得があるからです。

  • 全てクリーニングしてくれる
  • 保管料が半年間無料
  • 取り出し料金が無料

通常クリーニングをお願いすると900円かかりますが、クリーニングパックは無料です。

ちなみにクリーニング後は衣類を畳んで保管するか、ハンガーに吊るして保管するか選べます。

 

また他の4つのプランで必要な保管料金も半年間無料!

ちなみに7か月目からは1箱500円です。

さらに他のプランだと基本的に1000円かかる引き出し料金が無料!

つまりクリーニングパックはあらかじめあらゆる料金を支払っているということです。

だから値段が11000円と異常に高くなっています。

なのでクリーニングしたい衣類が10枚以上ある場合がこのプランの使いどころです。

 

段ボールに入れられる物の目安とは

各プランについて解説し終わったところで、各段ボールにどれくらいの荷物が入るのか見ていきましょう。

minikura(ミニクラ)段ボールの目安

HAKOとMONOのワイドサイズ・Closet・クリーニングパック

  • 薄手のジャケット10枚程度

HAKOのブックサイズ・Library

  • 漫画80~100冊

HAKOとMONOのレギュラーサイズ

  • CDケース130枚分

※全てのプランに20㎏までの制限あり

 

この中で注意してほしいのがClosetとクリーニングパックです。

この二つのプランでは衣類を最大10枚入れることが標準となっています。

でも薄手のものなら11枚以上入れることも可能です。

そうすると11枚目から以下の追加手数料が必要になります。

  • minikura Closet…1枚につき100円
  • minikura クリーニングパック…1枚に付き800円

追加で払う必要がありますがまた段ボールを購入するよりかは安いです。

また追加の料金はかかりますが保管料金に関しては変わりません。

そのためできるだけ衣類は詰めた方がお得です。

このような特徴を持っているのでプランによっては気を付けてください。

minikura公式サイトはこちら

minikura(ミニクラ)で受けられる4つのサービスとは

ミニクラでは4つのサービスがあって、紹介してきた5つのプランすべてで受けられるということではありません。

以下が受けられるサービスとプランの関係性です。

プラン名写真撮影文書溶解サービスクリーニングヤフオク出品
HAKO非対応500円/1箱非対応非対応
MONO30点まで非対応対応対応
Library無制限

 

非対応非対応対応
Closet全て撮影非対応対応対応
クリーニング

パック

全て撮影非対応対応対応

では各サービスの内容について詳しく解説していきますね。

 

minikuraは預けた物の写真撮影をしてくれる

ミニクラではHAKO以外のプランで送った物を撮ってくれます。

その写真はミニクラのマイページからいつでも確認可能です。

そのため多くの物をミニクラに預ける時は必須のサービスでしょう。

ただこちらからは写真の取り方についてオーダーできません。

例えば送った商品をピンポイントで撮影してほしいとか、見づらいから取り直してほしいといったことは無理です。

 

でも写真が見づらいということはほとんどありません。

ミニクラでは撮影に独自の規定があって、それを守って撮っています。

そのため一枚だけ見づらいということはほぼ無いです。

ということでミニクラの写真撮影は優秀なので、自分で撮影するのが面倒ならお願いしましょう。

ちなみに料金は無料ですよ。

 

minikuraは文書溶解で書類を処分できる

文書溶解とは不要な書類をミニクラで証拠を残さず処分してくれるサービスです。

そんな文書溶解はHAKOでしか受けられません。

なので書類関係は全てHAKOに預けておいた方が、もしものことを考えた時に良いでしょう。

 

ただ文書溶解を依頼できるのはボックスを預けてから1年目以降です。

すぐには書類を処分できないため急ぎの場合は別の企業に依頼しましょう。

少し使いづらいミニクラの文書溶解ですが期限付きの書類にはもってこいです。

例えば1年保管したら処分しても良い書類があれば、ミニクラに預けてそのまま捨てることができます。

 

また文書溶解できない物がボックスに入っていると受け付けてくれないので注意しておきましょう。

文書溶解できない物についてはこちらで解説しています。

minikura(ミニクラ)なら書類を溶解できる?落とし穴に注意
minikura(ミニクラ)には預け入れた物をクリーニングしたり、ヤフオクに出品したりできるサービスがあります。 その他にも文書溶解という書類や本を捨てられるサービスもありますが、どういったものなのでしょうか? そこでm...

ということで処分したい書類があるならHAKOに預けておきましょう。

ちなみに文書溶解代は1箱500円です。

 

minikuraは衣類をクリーニングできる

ミニクラに衣類を預けるとそのままクリーニングをお願いできます。

受けられるプランはMONOとClosetとクリーニングパックです。

クリー二ングはしばらく着ない服に向いています。

例えば冠婚葬祭用の衣装、季節ものの洋服、趣味で集めている服などです。

 

しかもクリーニングの注文もスマホ一つあれば完了します。

なので普段忙しくてクリーニングに出せない人や、取りに行くのが面倒だと思っている人には助かるでしょう。

トランクルームにクリーニングサービスが付いているのはありがたいですが品質が気になりませんか?

そんなミニクラクリーニングの評判はとても良いです。

minikura(ミニクラ)クリーニングの評判

服がふわふわになって返ってきた

普通のクリーニングと違って取りに行かなくても良いのが楽

お気に入りの服を大切に保管できる

口コミからクリーニングについて面倒だと思っている人にはこのサービスが向いています。

ちなみに料金は1着900円です。

とでも便利なミニクラのクリーニングですが対応していない服もあるので確認しておいて下さい。

minikura(ミニクラ)でクリーニングできる衣類や毛布は?
minikura(ミニクラ)

 

minikuraはヤフオク出品も可能!

ヤフオク出品はHAKO以外のプランでできます。

自宅に要らない物があふれていて、処分したいという人にはありがたいですね。

 

しかも発送方法を考えなくて済むので手続きも楽で、梱包や発送もミニクラでしてくれます。

なので今までヤフオクをしたことがない人でも比較的簡単です。

ちなみに手数料もかからず送料も800円なので、普通に出品するのとそこまで変わりません。

 

また写真もミニクラで撮影してくれるのでこちらで撮る必要はないです。

ただ1枚しか撮ってくれないので、もっと必要なら自分であらかじめ撮影しておきましょう。

とても便利ですが中にはヤフオクではなく、メルカリで出品したいという人もいると思います。

そんな人は少し手間になりますが、ある方法を使えばヤフオク以外でも出品可能です。

minikura(ミニクラ)はメルカリ出品もできる?
minikura(ミニクラ)はヤフオクと提携しているため、物を預けながら出品・販売することができます。 ではメルカリとは提携しているのでしょうか? 最近ではメルカリも成長を遂げて、ヤフオクと変わらない知名度がありますよね...

 

ということで自宅に不要なものがある人は、ミニクラのヤフオク出品を使って断捨離してみませんか?

そうすれば家も片付いてお小遣いも稼げて一石二鳥ですよ。

minikura公式サイトはこちら

minikura(ミニクラ)で必要な料金を一挙公開!取り出し料金とは

ここでミニクラで必要な料金についてまとめておきます。

プラン名月額料金取り出し料金一点からの

取り出し料金

HAKO250円/1箱1000円/1箱非対応
MONO300円/1箱1000円/1箱800円/1箱
Library450円/1箱1000円/1箱324円+

1冊に付き32円

Closet500円/1箱1000円/1箱450円+

1着に付き50円

クリーニング

パック

半年間

11000円/1箱

無料800円/1箱

※取り出し料金は預け入れから1年経過で無料

 

minikura(ミニクラ)のサービスと値段

・写真撮影…無料

・ヤフオク出品…無料(落札時の送料は800円)

・クリーニング…衣類は900円、靴とカバンは3800円

・文書溶解サービス…1箱に付き500円

※2020年10月現在の料金

 

ミニクラではこれらの料金が必要なので覚えておきましょう。

続いてミニクラを利用する上では避けて通れない、取り出し料金について解説していきますね。

 

minikura(ミニクラ)の取り出し料金は1000円程度

ミニクラでは預けた物を引きだす時にお金が必要になります。

引き出し方には二種類あってボックス丸ごと引き出すのと、ボックスの中から特定の品を引き出す方法です。

 

ボックス丸ごとというのはそのままの意味で、ミニクラに預けたボックスを返してもらえます。

基本的に料金は1000円かかりますが、一年経つとタダです。

なので季節品など少なくとも一年は使わないものを預けましょう。

 

そして特定の物を引きだすというのは預けたボックスの中から、ミニクラ職員が抜き取ってくれるというものです。

抜き取った物については職員が段ボールに詰めて送ってくれます。

その時の段ボール代が800円で、サイズは3辺の合計120㎝程度のものです。

なので小さいものなら多めに引き出しても800円で済みます。

逆に大きいものを複数引き出すと、その分段ボールが必要になるのでお金も必要です。

以上がミニクラの取り出しの特徴ですが、損しないためにも一年以上必要ない物を預けておきましょう。

minikura公式サイトはこちら

minikura(ミニクラ)の使い方とは?各サービスの注文方法も紹介!

ミニクラの様々な手続きは全てマイページからです。

なのでミニクラを使う人はまず会員登録してください。

では具体的な方法を各自紹介していきます。

 

ミニクラの預け入れまでの手順

まずはミニクラから専用の段ボールを取り寄せるまでの手順です。

  1. マイページの「サービス申し込み」を押す
  2. 注文したいプランと数量を記入
  3. クレジットカード情報とボックスのお届け日を記入
  4. 最終確認をする

手続きが終わったら段ボールが届くのを待ちます。

そして段ボールが届いたら預けたいものを以下の方法で詰めていきましょう。

  1. 詰め終わったらマイページの「預け入れ」から「ボックスの預け入れ」
  2. ボックスのタイトルや写真撮影の方法を選ぶ
  3. 集荷方法を選ぶ
  4. ミニクラのマイページに預けた物が載ったら完了

 

以上がミニクラの預け入れまでの手順です。

ここまで一切家に出て作業することはありません。

ただ集荷を自分持ち込む場合は外出することになります。

なので家を出たくない場合は集荷も自宅に来てもらいましょう。

ちなみに段ボールと同時に伝票も届くので貼るだけですよ。

そして写真の撮影方法ですがこれは外装を取るかどうかです。

もしこちらで梱包する時に袋に入れているならどっちか選択しておきましょう。

 

ミニクラに預けた物の取り出し方とは?

続いて預けた物を引きだす手順を紹介します。

  1. マイページから「取り出し」を押す
  2. アイテムかボックスの取り出しどちらかを選ぶ
  3. 引き出すものをチェックする
  4. 住所や電話番号を記入する
  5. 最終確認する

以上が預けた物の引き出し方です。

前述した取り出しにかかる料金に注意しましょう。

 

ミニクラクリーニングを利用する方法とは?

クリーニングはMONOとClosetでしか受けられません。

クリーニングパックの場合はすでにサービスが搭載されているので手続きは要らないです。

  1. マイページの「cleaning+」を押す
  2. 衣類を選択する
  3. 最終確認をする

とてもシンプルな手順ですが、クリーニングできない物についてはしっかり押さえておきましょう。

 

ミニクラヤフオク出品を利用する方法とは?

ヤフオク出品するにはヤフオクと提携する必要があります。

  1. マイページから「ヤフオク出品」を押す
  2. ボックスごとか特定のアイテムを出品するか選ぶ
  3. 出品するものをチェックしていく
  4. 商品情報を入力する
  5. 確認をして出品を押す

以上がヤフオク出品までの手続きとなります。

落札した後の手続きは取り出し方の手続きと基本的に同様です。

最後の住所のところを落札者に変更するだけなので、そこだけは気を付けてくださいね。

 

ミニクラ文書溶解を利用する方法とは?

文書溶解はHAKOでしか受けられないので注意です。

  1. マイページから「ボックスリスト」を押す
  2. 文書溶解したい箱を選ぶ
  3. ミニクラでボックスの中身を確認する
  4. 文書溶解の可否についてメールが来る
  5. メールにOKを出すと文書溶解を始める

以上が文書溶解の手続きです。

ボックスに紙類以外が入っているとしてくれないので気を付けましょう。

このようにミニクラではありとあらゆる手続きがマイページで完結します。

なので何か分からないことがあればマイページを開いてみてください。

minikura公式サイトはこちら

minikura(ミニクラ)の利用は注意!2つのデメリットとは

ミニクラでは冒頭でお伝えしたように2つのデメリットがあります。

 

ミニクラに大きいものは預けられない

ミニクラのプランで紹介したように段ボールのサイズが大きくても三辺で120㎝ほどです。

なので電化製品や大きいぬいぐるみなどは預けられません。

もし大きいものをどうしても預けたいならトランクルームを利用するしかないです。

またミニクラでは大きさに関係なく預けられない物があります。

minikura(ミニクラ)で預け入れできない・できる荷物を公開
minikura(ミニクラ)は自宅にあるものを預けられるので、物を捨てられない人にとっては最高のサービスです。 ただ何でも対応していることはなく、預け入れできない荷物もあります。 そこで預け入れできない荷物を全て公開する...

もし預け入れに対応していない物を送ってしまうと、着払いで返されるので気を付けてください。

 

ミニクラに預けた物は取り出しに時間がかかる

ミニクラでは発送の関係で到着まで最低2.3日かかります。

また沖縄などの遠方にあるともっと時間がかかって一週間近くかかることもあるでしょう。

そのため物を引き出す際は少なくとも一週間は余裕を見ておいた方が良いです。

 

ミニクラの気になる注意点を一挙紹介!

ミニクラには他にも注意点があるので一挙にまとめました。

minikura(ミニクラ)の注意点

ボックスはキャンセルできない

何箱必要か分からないからといってたくさん取り寄せてもキャンセルできないので、あらかじめ計算しておきましょう。

料金の支払いは月末に一括で計算

ミニクラではサービスの利用料金も含めてその場では支払わず、月末に一括で支払うことになっています。

支払いはクレジットカードのみ

そのためクレジットカードを持っていない人はミニクラを利用できません。

ミニクラにはこのような注意点があるので、ご利用の際は押さえておいてください。

minikura公式サイトはこちら

minikura(ミニクラ)を運営している寺田倉庫は安全性がバツグン!

ミニクラはとても便利ですがやはり自分の大切なものを預けるとなると不安ではないでしょうか。

例えば盗まれたり、壊されたりなど多少なりとも不安に感じますよね。

でもミニクラを運営している寺田倉庫は信頼を置ける会社です。

 

というのも寺田倉庫は1950年に創業していて、ワインや美術品などの管理もしています。

なので管理する能力に関しては他の会社より圧倒的に優秀です。

管理能力が優れているあまり他のトランクルーム企業から管理を任されています。

このように実績があるため寺田倉庫はとにかく安心です。

 

寺田倉庫は最適な保管環境を保ってる!

さらに倉庫内の環境も整っていて、温度を10~28℃、湿度を40~65%に保っています。

なので預けた衣類や本が湿気でカビることもありません。

それに加えセキュリティも万全で多重のセキュリティシステムをかけています。

しかも倉庫の場所はスタッフ以外には知らされていないという徹底ぶりです。

これなら盗難も起こり得ませんよね。

 

このように寺田倉庫は実績もあって、倉庫の環境も大変良いので安心して物を預けられますよ。

ちなみにミニクラでは万が一に備えて寄託価額という保証を付けています。

分かりやすく説明すると、預けた物と同等の金額で補償するということです。

ただし上限が一万円となっています。

 

minikura(ミニクラ)と同業他社を徹底比較!

最後にミニクラとトランクルームについて比較していきます。

結果だけお伝えするとこうなりました。

トランクルームはこんな人におすすめ

大型の荷物を預けたい

預ける物が多い

預けた物をいつでも取り出したい

 

minikuraはこんな人におすすめ

季節ものの衣類や漫画などの小物を預けたい

できるだけお得にトランクルームを利用したい

トランクルームが近場にない

面倒な手続きをしたくない

一度トランクルームを利用してみたい

ヤフオク出品や衣類のクリーニングに興味ある

トランクルームの特徴としては自分で預け入れから取り出しまでするため面倒です。

自分でできる分取り出すスピードに関しては優れています。

 

またトランクルームは全国各地にあるとも限らないため、利用できる人は限られるでしょう。

探す手間はありますが保管スペースを自分で決められるため大きい荷物を預けられます。

トランクルームにはこのような特徴がありますが、なんといっても手続きが面倒です。

なので大きい荷物を預けたい場合はトランクルームを使用しましょう。

 

この二つの比較についてもっとしりたい人はこちらで詳しく解説しています。

minikura(ミニクラ)とトランクルームを徹底比較!
minikura(ミニクラ)はスマホさえあれば手続きできる宅配トランクルームです。 そんな便利なminikuraとトランクルームサービスを比べたらどちらが優秀なのでしょうか? 今回はトランクルーム内でも安いことで有名なキ...

 

【まとめ】minikura(ミニクラ)は小物を預けるのに便利!

ミニクラは大きい荷物を預けられない、荷物の到着が遅いなどのデメリットがあります。

ただ事前に押さえておけば問題ない内容ばかりです。

一方手続きが簡単、料金が安いというメリットもあります。

とにかくお手軽にトランクルームを利用できるのがミニクラの最大の特徴です。

あなたもミニクラを使って自宅にあるものを送ってみませんか?

そうすれば断捨離することなく、あまり悩まずに部屋をきれいにできますよ。

minikura公式サイトはこちら

コメント