minikura(ミニクラ)クローゼットとは?ハンガー保管って何

minikura(ミニクラ)には衣類をハンガーに吊るして預けられるminikuraクローゼットというものがあります。

衣類を畳むとシワになるものもあるのでそういった衣類には助かりますよね。

でもminikuraクローゼットはそれだけなのでしょうか?

そこでminikuraクローゼットについて徹底的に解説していきます。

minikuraに衣類を預けたい人は知っておくと得ですよ。

 

minikura(ミニクラ)クローゼットなら衣類をハンガーで保管できる!

minikuraクローゼットは1箱に付き月額500円です。

ちなみにこの値段は2020年6月1日から変更しました。

そんなminikuraクローゼットは1箱に付き10着ほど入ります。

もし10着を超える場合は1着に付き100円プラスされていくので注意です。

例えばminikuraクローゼット1箱に13着預けると、箱の代金500円+追加料金100×3が足されるので800円となります。

ただ月額の保管料は500円のままなのでできるだけ1箱に詰めた方がお得です。

 

そんなminikuraクローゼットには他にもこういった特徴があります。

minikuraクローゼットの特徴

・衣類をハンガーで保管してくれる

・ヤフオクに出品できる

・写真撮影サービスがある

・クリーニングサービスを受けられる

・一着から取り出しできる(基本料金450円+1着あたり50円)

 

minikuraクローゼットの特徴①衣類をハンガー保管できる

minikuraクローゼットは衣類をハンガー保管することができるのが一番の特徴です。

例えばスーツや厚手のジャケットなどは畳んで保管できませんよね。

そうすると自宅のハンガーラックに一年中あることになります。

そして収納スペースがないので服を新しく買えず、仕方なく服を断捨離することになるのです。

 

実はこのように服の収納に困っている女性が、公式サイトによると2人に1人いると言われています。

さらにこういった人のほとんどが服の断捨離をしたくてもできないと言っています。

でもminikuraクローゼットでスーツなどを預けるとハンガーラックがガラッと空くのです。

その結果、服の収納スペースが増えるのでもっとたくさんの服を買うことができます

このように自宅のハンガーラックをガラッと空けられるのがminikuraクローゼットです。

 

他にもminikuraクローゼットにはクリーニングに出せるという特徴があります。

クリーニングについてはこちらで詳しく解説しているのでどうぞ

minikura(ミニクラ)でクリーニングできる衣類や毛布は?
minikura(ミニクラ)

minikura公式サイトはこちら

minikura(ミニクラ)は衣類を畳んで保管できる!

minikuraクローゼットではハンガーに保管できますが、minikura monoやhakoに預けると畳んで保管できます。

そのため別にハンガーに吊るして保管しなくてもいい衣類はこちらのプランの方が良いでしょう。

値段もmonoが300円、hakoが250円とminikuraクローゼットより半分近く安いです。

 

値段を見る限りminikuraクローゼットではあまり預けたくないですね。

なのでminikuraクローゼットは絶対にハンガーに吊るすものだけにしておきましょう。

でもhakoかmonoかどっちにしたらいいか分からないですよね?

各プランについてはこちらで詳しく解説しています。

minikura(ミニクラ)monoとhakoを徹底比較!
minikura(ミニクラ)には5つのプランがあって、その中にhakoとmonoというのがあります。 この二つは似ているのでどちらの方が良いか分かりにくいもしれません。 そこでmonoとhakoについて徹底的に紹介してい...

 

どちらが良いのか結論だけ言うと、値段が安いhakoです。

ただ写真撮影がないので自分で撮る必要があります。

またクリーニングもできないので注意しておきましょう。

ということで衣類を畳んで保管したい場合はmonoかhakoです。

 

minikura クリーニングパックならハンガー・畳む保管を選べる

minikuraにはハンガー保管か畳んで保管か選べるクリーニングパックというものがあります。

クリーニングパックは預け入れた全ての衣類に関してクリーニングするというすさまじいプランです。

ただその分値段が半年保管で11000円となっています。

値段こそ高いですが、保管料や箱ごとの取り出し料金も含まれているのでけっこうお得です。

ちなみに箱には10着入って、1着増えるに付き800円かかります。

 

そんなクリーニングパックはクリーニングした後に保管方法を選べるのです。

値段も一緒なのでより衣類に優しい方で選ぶと良いでしょう。

ちなみに選び方はマイページの預け入れから選択できます。

ということで、ミニクラのクリーニングパックならクリーニングした上で衣類をハンガー保管か、畳んで保管するか選べるのです。

 

中でも冠婚葬祭や一張羅の服を預けると良いでしょう。

こういった服は普段なかなか着ないので家の収納を圧迫しているだけです。

でもミニクラに預けるとクリーニングもしてくれるので、取り出した瞬間に着れますし、家の収納も空けられますよ。

minikura公式サイトはこちら

minikura(ミニクラ)クローゼットのよくある質問コーナー

minikuraクローゼットは衣類を預けるプランなので、けっこう分からないことが多いと思います。

そこで衣類を預けることに関する良くある質問を紹介していきますね。

 

minikuraクローゼットのよくある質問①スーツはどう数えるの?

スーツは上と下で分けるため2点としてカウントします。

 

minikuraクローゼットのよくある質問②衣類のフードはどうなるの?

取り外し式のフードであっても1点として数えます。

ただ留め具で付けられる場合に限るので注意です。

 

minikuraクローゼットのよくある質問③全ての類をクリーニングできる?

全ての衣類がクリーニングできるということではありません。

詳しくはこちらで紹介しています。

 

minikuraクローゼットのよくある質問④クリーニングはどこから頼むの?

マイページの「cleaning+」からできます。

そこからクリーニングしたいものを選ぶと完了です。

 

minikuraクローゼットのよくある質問⑤どうやってハンガー保管してるの?

衣類に保管用のビニールをかけた上でハンガーに吊るしています。

 

minikuraクローゼットのよくある質問⑥ハンガーはこちらで用意するの?

ミニクラには三種類のハンガーで対応しています。

そのため個人で持ち込んだハンガーは使えません。

 

【まとめ】minikuraクローゼットはハンガー保管ができる!

minikuraクローゼットは預けた衣類をハンガーに吊るして保管してくれるプランです。

値段が1箱に付き月額500円と他のプランと比べると高いのがネックですね。

でもハンガーに吊るしてくれるので収納しづらい厚めのコートなんかも保管できます。

こういった冬物の衣類は季節限定でしか使わないため、それ以外はスペースを取っているだけです。

 

しかしミニクラに預けると使うタイミングだけ手元に置けるので、それ以外は収納スペースを空けられます。

そのため服を捨てずに新しい服を買えるのがポイントです。

ぜひminikuraクローゼットを利用して収納スペースを有効活用しましょう。

minikura公式サイトはこちら

コメント