minikura(ミニクラ)で預け入れできない・できる荷物を公開

minikura(ミニクラ)は自宅にあるものを預けられるので、物を捨てられない人にとっては最高のサービスです。

ただ何でも対応していることはなく、預け入れできない荷物もあります。

そこで預け入れできない荷物を全て公開するので、ミニクラを利用する時には気を付けておきましょう。

また各プランによって預け入れできるものも決まっているので、そこも同時に押さえておきたいです。

 

minikura(ミニクラ)で預け入れできない荷物を一挙公開

ミニクラで預られない荷物は以下の通りです。

 ・現金、有価証券、通帳、切手、印紙、証書、重要書類、印鑑、クレジットカード、キャッシュカード類

・貴金属、美術品、骨董品、宝石、工芸品、毛皮、着物等の高額品または貴重品

・精密機器、ガラス製品、陶磁器、仏壇等の壊れやすい物品

・磁気を発し、その他の保管品に影響を与える物品

・灯油、ガソリン、ガスボンベ、マッチ、ライター、塗料等の可燃物

・農薬、劇薬、火薬、毒物、化学薬品、放射性物質等の危険物また劇物

・食品、動物、植物(種子、苗を含む)

・液体物(但し当社所定のダンボール箱で寄託中のワインを除く)

・異臭、悪臭を発するまたは発するおそれのある物品

・廃棄物

・法令により所持を禁止されている物品

・公序良俗に反する物品(例:過度にわいせつなもの、暴力的なもの)

minikura(ミニクラ)公式サイトより引用

ざっくり言うと貴重品・食料・割れやすい物・危険物・ゴミ・法律違反なものが無理なようです。

これを見る限り特に気を付けておきたいものが貴重品の部分でしょう。

宝石や骨とう品などを家に置いておくのも怖いですよね。

 

でもミニクラは大手の宅配トランクルームなのでセキュリティや実績があって安心です。

そのために貴重品の盗難防止には最適ですが対応してません。

おそらく紛失した時に弁償できないから断っているのだと思います。

 

また衣類を送る時に気を付けておきたいのが、お金やライターなどです。

こういったものはついポケットに入れたまま送りがちなので気を付けておきましょう。

以上がミニクラに預け入れ不可能な荷物ですが、その他にも梱包の際に注意しておかないと預けられないことがあります。

 

梱包時の注意点

ミニクラで預けるのには以下のルールがあるため破ってしまうと預け入れできません。

  • ミニクラ専用の段ボールで送る
  • 段ボールの重さが20㎏を超える
  • 段ボールが閉まり切っていない

まずミニクラに預けるにはマイページから専用の段ボールを取り寄せる必要があります。

詳しくはこちらで解説しているのでどうぞ

 

そして段ボールの重量は20㎏と制限があるので、特にHAK・MONO・Libraryのプランで頼む時には気を付けておきましょう。

これらのプランは段ボールに詰められる限界がないので、つい忘れてしまいがちです。

 

また段ボールはきちんと最後に閉め切らないといけません。

これは当然と言えば当然ですが、最後はきっちりテープで封をしましょう。

つまり大きいものについては、ミニクラには預けられないです。

万が一、段ボールから突き出ていると破損の原因にもなりるので、あまりキツキツに入れるのは止めておきましょう。

梱包の際には以上の3点に気を付けておきましょう。

 

minikura(ミニクラ)各プランで預け入れできない荷物

以上で紹介したのは全てのプランに共通しているものですが、プランによっては他にもあります。

そこで各プランについて預け入れできない物を具体的に紹介していきます。

 

minikura Libraryで預け入れできない荷物は紙類以外

minikura Libraryは本や書類専用のプランになっています。

そのため衣類やぬいぐるみなどは預け入れできません。

また本や書類以外にも楽譜・DVD・ゲームソフト・CD、ノート・ファイルを預け入れできます。

 

minikura(ミニクラ)Closet・クリーニングパックで預け入れできない荷物

この二つのプランでは衣類以外の荷物は預け入れできません。

そのため靴やバッグなども無理なので、もし預ける時はHAKOかMONOを利用しましょう。

さらに以下の衣類も預け入れ不可です。

・皮革、毛皮

・着物、和服類

・肌着、下着類

・帽子、ドレスなど輸送中に型崩れが危惧されるもの

・乾いていない衣類(輸送中にカビ、においが付く恐れがあるため)

・布団、毛布、枕などの寝具類

・洗濯表示の付いてないもの、洗濯不可のもの

・破れ、破損などがあるもの

・スパンコール、ビーズなどの多い衣類

・その他、クリーニング不可能と弊社が判断した場合

minikura(ミニクラ)公式サイトより引用

ちなみにこれらのものはクリーニングにも出せないので気を付けておきましょう。

minikura公式サイトはこちら

預け入れできない荷物をminikuraに送ると返却される!

もし預け入れ不可な物がボックスに入っていると返送されます。

確認はしていたが見落としでボックスにお金やライターが混在してしまうことはあるでしょう。

ボックスを送ると向こうで一回中身を確認するので、送った物がなくなることはありません。

そして預け入れできない荷物が入っていると返送してくれるので安心です。

 

ただ送料をこちらで負担することになるためもったいない!

やはり梱包時には全ての荷物をきちんと見ておきましょう。

そして梱包はある程度しっかりしておいた方が良いです。

預け入れ不可な物については発送中に破損したとしても弁償してくれません。

 

minikuraの保証とは?

預け入れ可能なものについては寄託価額という保証があります。

この保証は破損品について見合う額を1万円以下で弁償するというものです。

でも1万円しかないので破損しないように梱包しておくにこしたことはありません。

ということでお金はかかりますが預け入れ不可品も返してもらえるので安心してください。

 

【まとめ】minikura(ミニクラ)で預け入れできないもの

ミニクラには預け入れ不可な物があるので注意が必要です。

預け入れできない物を簡単に言うと以下のものです。

  • 貴重品
  • 食料
  • 割れやすい物
  • 危険物
  • ゴミ・廃棄物
  • 法律に反するもの

 

また各プランによってもその内容は異なります。

  • minikura Library…本・書類・ノートなどの紙類のみ
  • minikura Closet、クリーニングパック…衣類のみ

このように預け入れ不可な物があるので、ミニクラに頼む前に確かめておくと安心ですね。

minikura公式サイトはこちら

コメント